「建設業にホームページって…本当に必要?」 ホームページが果たす役割と効果のまとめ

     
ホームページは建設業に必要?サムネイルホームページ制作
ホームページ制作

「ホームページって、本当に必要?」
「何か役に立ってるの? 」
「そもそも、意味あるの?」

そんな疑問を感じたことはありませんか? そこで改めて、ホームページの役割や存在意義について、メリットやデメリットの観点でまとめてみました。

今や建設業界に限らず、あらゆる業種において インターネットが受発注の起点となる時代です――。ぜひ、今後の事業活性化にお役立てください!

世の中全体が、ここまで大きく変わってきています  

個人事業主でも、ビジネス用にホームページを持つのが当たり前の時代。でも、本当にホームページは必要なのでしょうか?歴史を遡れば、確かにインターネットがない時代もあり、それでもビジネスは成立していました。

チラシ配布、電話営業、飛び込み営業、接待、縁故・知人紹介、OB客の掘り起こし…。アナログだけでも仕事は取れていましたし、今でもこの手法が通用するケースもあります。

ただし今の時代、ほとんどの方の手元にスマートフォンがあり、時間や場所を問わずインターネットに接続できる環境です。 ネットショップが売上を伸ばしていることからも分かるように、買い手は、手軽に情報入手できるほうへと流れています。 そう考えると建設業界でも、インターネットの活用は、もはや無視できない時代になってきていると言えます。

▲国内のインターネット利用状況を見ると、2018年から2019年にかけて、特にシニア層が大幅に伸びています。もはや老若男女問わず、全世代がインターネットに接する時代であることが分かります。(出典:令和元年通信利用動向調査|総務省

とはいえホームページを持つことによって、どんなメリットがあるのでしょうか?
すでにホームページをお持ちの方は、これから挙げるメリットが出ているかどうか、役目を果たしているかどうかの確認項目としてお使いください。

メリット1:会社としての信用が増す  

まず1つ目に挙げられるのは、信用です。例えば皆さんが新しい企業との取引を始めようとするとき、「どんな会社か?」「本当に信頼できる会社か?」を調べると思います。これらの情報がホームページに記載されていれば、決断も早いのではないでしょうか?

これは御社の顧客にとっても同じこと。さらに、銀行から融資を受ける際も同様です。
銀行側が融資先をチェックする項目に「ホームページの有無」があります。これは会社の「将来性」や「安定性」を測る尺度の1つで、ホームページを作っていなければ「時代遅れ」「ビジネス感覚が弱い」と判断するのだそうです。

メリット2:確度の高い受注ルートが1つ増える

ホームページを持つことで、お問合せフォームから見積り依頼などが入る可能性があります。つまり、電話やメールのほかに、受付窓口が1つ増えることになります。
しかも24時間365日、文句ひとつ言わず受付してくれるのも良いところ。「現場に入っていて電話に出られなかった」「事務所に誰もいなくて対応できなかった」 といった機会損失を防ぐことができます。

さらにここで重要なポイントとして、そのお問合せは御社側から働きかけて獲得したものではなく、顧客自らが数ある同業者の中から御社を選び、お問合せをしてくれている点。お問合せが発生した時点で、すでに受注確度が高めなのも特長です。結果、売上を増やす可能性は高まります。

メリット3:情報発信しやすい便利な営業ツールに

ホームページがあれば、そこで自社をアピールしたり、情報発信が簡単にできます。
たとえば取引先に会社概要や実績集を送る場合、以前はパンフレットを編集してデザイン発注して、印刷して発送して…というように、時間も費用も掛かっていました。しかしホームページがあれば、URLを送るだけ。無制限でたくさんの人に伝えられ、在庫が足りなくて増刷するという心配もありません。

また小回りが利くのも特長で、完成見学会や相談会の告知なども、スピード感を持って公開告知できます。年末年始や夏期休業など、取引先へのちょっとしたお知らせにも便利です。 さらにInstagramやFacebook、あるいは他のホームページへのリンクなど、他媒体との連携も得意。ターゲットを絞った効率の良い広告を打てるのも、インターネットならではの特長です。

メリット4:広告の費用対効果が優れている

「メリット3」で、インターネット広告の効率の良さをご紹介しましたが、もう少し深掘りしていきましょう。

1つの市区町村(仮に5万世帯)に新聞の折込チラシを配布した場合、費用はデザイン・印刷込みでおおよそ20万円程度。チラシの反響率は0.01%と言われていますので、5人程度のお問合せを獲得できる見込みです。

同じ額をインターネット広告に掛けた場合、約4,000人を御社のホームページに誘導でき、16件程度のお問合せを獲得できる想定*となります。 インターネット広告の特長は、エリアやターゲットを細かく絞り込んで配信できる点と、クリック課金方式である点。御社に興味を持った人を効率よく集客でき、かつホームページを訪れた人の分だけ支払えばよいのがポイントです。

*算出条件=ディスプレイ広告を実施し、クリック単価を50円とした場合。お問合せ率は弊社調査による平均0.4%とした場合の数値。※あくまでも想定算出であり、結果を保障するものではありません。

建築・建設業者が押さえておくべきインターネット広告の基本と注意点のまとめ
受注を増やすには、その母数である「集客数」を増やすのが先決です。その集客数を増やす近道が、広告です。 でもいざ広告を掛けようにもさまざまな種類があるので悩んでしまいます。そこで「広告」の方法や注意点についてまとめてみました。

メリット5:求人獲得のアシストにもなる

もし求人採用に課題をお持ちの場合は、ホームページの開設をお勧めします。その理由は、求職者のおよそ8割以上の方が、求人媒体を見て気になった会社のホームページを確認する傾向があるためです。

求人媒体は文字数が限られ、必要最低限の情報しか載っていません。そこでホームページを訪れて、応募に値する会社かどうか、会社の将来性や社風などの不足情報を補おうとしているのです。

ホームページをお持ちの場合は、経営理念や事業展望、施工実績、教育体制、先輩社員インタビューなどが掲載されているか、チェックしてみてください。

求人ページって必要?~建設中小企業だからこそ必須の情報発信
少子高齢化に伴う人材不足が、どの業種でも深刻化。そんな今だからこそ、自社サイトに採用ページを掲載するメリットと、どんなページを作成すべきかを解説します。

ホームページを持つ5つのデメリットと対策

ここまでホームページを持つことによるメリットをお伝えしましたが、同様にデメリットも存在します。ただし対策は可能で、逆にメリットへ転じる部分もあります。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

01 制作費が掛かる

ホームページの制作時には、お金が掛かります。とことん拘った作りにもできますが、その分コストがかかるケースもあります。

➡対策の一例

制作会社によっては、分割支払いが可能。月々の負担も減り、会計上も資産ではなく経費(損金)で落とせて節税にもなります。

 

02 エネルギーが必要

ホームページの制作会社はプロではありますが、御社を知り尽くした人間ではありません。 要望を伝える労力は、どうしても掛かります。

➡対策の一例

現場に追われて時間が取れない場合、どうしても制作期間は長引いてしまいます。ただし建設業界に知見のある制作会社であれば、ある程度の短縮も可能になります。

 

03 担当者が必要

更新したり、不具合発生時に対応できる担当者を置く必要があります。外部に委託するのも手ですが、指示やジャッジは必要です。

➡対策の一例

ブログや施工事例の更新を、スマートフォンで簡単にできるホームページもあります。また更新代行をサポート費用に含めている制作会社もありますので、このような運用面も含めた総合判断で選ぶと良いでしょう。

 

04 セキュリティのリスク

ホームページは世界とつながっているため、海外からの悪意を持った攻撃を受ける可能性があります。個人情報の漏えいリスクも必要です。

➡対策の一例

今やホームページのセキュリティは当たり前になっています。SSL化はもちろんのこと、スマホのアプリのように随時更新されるシステムだと、さらに安心できます。

 

05 競合と比較されてしまう

手軽に情報入手できる分、比較するのも簡単。工事費用を載せた場合、値段重視の顧客から価格で落とされてしまうケースもあります。

➡対策の一例

市場の原理から、これは避けられない課題です。逆に競合をしのぐ強みをアピールしたり、競合の弱みや隙を突くことで、他社の顧客を奪うことも可能。市場分析から相談できる制作会社を選ぶとよいでししょう。

 

このように、ホームページを構えるデメリットもいくつか存在しますが、それぞれの本質を理解し、きちんと対策のできる制作会社やホームページのシステムを選ぶことで、概ねのデメリットは解消できます。

そのポイントはこちらの記事にまとめていますので、ぜひご参考ください!

ホームページ制作会社選びで失敗しないための7つのポイント~建設会社編
建設事業者がホームページ制作を依頼するにあたり、どのような点に注意して制作会社を選ぶと良いのか、何を準備しておけばホームページ制作の失敗を防げるのか? そのポイントを7つ紹介したいと思います。

ホームページ活用が今後の事業を左右する時代に

今や建設業においても、IT化の波は抑えることができません。むしろ、インターネットをうまく活用できるか否かで、その後の事業を大きく左右するケースが増えています。

OB客に「なぜうちを選んでくれたのですか?」と聞くと、必ず「ホームページがあるからです」と言われます。ホームページがあれば「ここなら安心」となります。お施主様の多くは30代ですから、若い人にとってホームページの存在はとても大きいんだなと改めて感じました。(株式会社オオヤマ様|外構工事|栃木県足利市

いつもの下請けさんが忙しかったり、ミスして業者を替えたいというときに、ネットで検索して依頼が来た感じです。(MSI様|防水工事|東京都足立区

東京の会社さんから「大分で工事ができる会社を探してました」ということで依頼がありました。(阿部電気株式会社様|電気工事|大分県大分市

思いのほかホームページから問い合わせがあって…。それで見積りして、話がトントンと進んで、契約に結びついていきました。「建設業も、ついにそういう時代なのか」って感じましたね。(株式会社笹子タイル工業様|左官工事|東京都小平市

ご覧のように、もはや BtoC も BtoB も関係ありません。ホームページを集客基盤として活用できている会社が、どんどん顧客から元請けまで獲得していく時代です。

もし、まだホームページをお持ちでない場合は早めに導入のご検討を、現在ホームページは持っているけど思うような反響が得られていない場合は、改善や見直しをご検討ください。そしてホームページを基点とした事業活動により、貴社の事業がさらに活性化されることをお祈りします!

反響がない!と悩む建設会社さんのホームページでよく見られる5つの原因
「ホームページを作ってはみたけど、いつまで経っても反響がない…」この裏には、必ず「原因」があります。そこで今回は、その「原因」とは何なのか? よく見受けられるケースを中心にご紹介していきたいと思います。
     
この記事を書いたライター
政所健司

建築専門出版社にて住宅誌の編集長を歴任。国交省・住宅金融支援機構・NEDO等の広報誌制作業務に参画後、リフォーム会社の企業広報を経て現在BRANU株式会社にてマーケティングを担当。「現場で一番汗を流している人こそ主役に」という考えのもと、中小零細企業へのIT支援を通じて建設業界の古い産業構造の改革を目指す3児の父。

政所健司をフォローする
お役立ち記事
タイトルとURLをコピーしました